このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者が少しでもブログで稼ぐにはどんな記事を書くのがいい?各ジャンルごとに比較してみた!

皆さんこんにちは^^タクヤンです。

 

さぁさぁ、前回は”ブログの記事には何を書いていけばいいのか?そして何が読まれる記事になるのか?”という記事を書きましたね。

あれは読まれる記事を書くにはどうしたらいいのか?何を選べばいいのか?

ということを書いておりました。

 

さて、今回のお題は・・・・

 

 

記事を書いてそれで稼ぐにはどの記事を書くべきか?

 

 

もちろん今はあまり稼ぐことは出来ておりませんが、どのジャンルが一番稼げるのかを自分なりに分析しました。

(*もちろん個人的に分析をしているので絶対に正しいというわけではありません。あくまでも参考程度に・・・・。)

 

 



 

 

 

ゲーム系記事

稼げる度:☆☆

 

商品系と違い少し稼ぐのには向いておりません。

もちろん向いていないわけではありません。

ですが考えてみてください。

 

ゲームブログを読みに来る人は少なからずネットに関して詳しいです。

そんな人たちが果たして報酬につながるリンクをクリックしてくれるとは限りません。

 

 

ならばどうするべきか?

簡単です。

 

クリックを読まれるような記事を書けばいいんです(それが出来たら苦労しませんって?)

残念ながらそれ以外に道は今はありません。

 

それこそ,YouTubeを使っていくかですね。

それで上手くいけばもしかしたら企業からの仕事の依頼とかもあるかもしれませんね。

そこまで行くのにいったいどれだけの時間がかかるのかは分かりません。人を集めることのできる才能があるなら有利です。

 

 

商品紹介系記事

稼げる度:☆☆☆☆

 

一番手っ取り早いし、一番儲けられそうですね。もちろん簡単な分あまり儲けは大きくありません。

だって、楽天商品でさえ売り上げの1%しか儲けはありませんからね。

 

商品によっては変わりますが、「家電製品」、「情報教材」とかは成功したら報酬は大きいですよね。

でも、そのためには記事をうまく書かないといけませんね。

参考になるか分かりませんが、

 

素敵な音楽プレイヤー~なんでこんなに小さいのに綺麗な音質が?~ SRS-X11

 

という記事を書いております。

参考になるかは分かりませんが、少しでも参考になればいいと思います。

 

日記系記事

 

稼げる度:

 

ぶっちゃけて言いましょう。

 

この手の記事は全く稼ぐことが出来ません

 

日記でお金が入るならみんなとっくに始めております。

難しすぎるからこそ皆辞めていくんです。

 

もちろん、ただ日記を書くだけで儲けることは出来ません

その日記に関することで稼ぐ工夫さえすれば少しは儲けることは出来ます。

 

それでも微々たるものですけどね・・・・・。

少しでも足しにするなら構いませんが、ブログを始めたての人がこれに手を伸ばすとちゃんとした結果に満足できずに終わってしまいます。

 

前回も言いましたが、他の記事と併用して作る分には構いませんよ。

 

専門系記事

稼げる度:☆☆☆

 

 

これも時間や工夫はいります。

そもそも専門系の記事を読みたい人は少ないです。

と言いたいところですが、専門の分野によっては少し変わるのかもしれません。

 

英語の勉強方法やお金の稼ぎ方は割と有名な分野と言えますし、反対にマニアックな専門はあまり見に来る人が少ないでしょう。

 

少ないですが、成功したときの報酬はかなり大きいです。

 

 

例えばFXに関する記事を書いたとしましょう。

それを読んだ読者が口座を作ったとします。

 

その時の報酬は一人当たり約20000円と結構大きいです。FXは大学生とかは興味のある分野でしょうからFXに詳しい人はある意味ではうまくいく可能性もありますね。

 

これだけ見てもこの専門系はうまくいったときのメリットは大きいですね。

 

だからと言ってこの道に安易に足を突っ込むのは得策ではありません。もちろんかなりの経験と知識があってこその記事→信頼→報酬というものです。

 



 

 

さて、どうでしたか?

なかなか厳しい現実ですよね。あくまでも初心者の自分がこういってるんです。

それでも半年は続けてきたんです。なかなか信頼はあるんじゃないんですかね?それでもないかな?難しい・・・・・

 

あと、これを言っておりませんがこの世界に上手くいくという保証なんてありません

 

全てはチャレンジです。

 

上手くいくのかなって思ったらまず試してみるのがいいでしょう。失敗から成功というのはしていくのですから。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加