このエントリーをはてなブックマークに追加

光をつかむために! チェインクロニクルストーリー  一章

~一章~
少年と謎の少女「フィーナ」
~診療所にて~
ピリカ「えぇ~~っと、たしか・・ここだったね」

部屋に入ると少女がベッドの上で座っていた。

???「あなた達はあの時の・・・助けていただいてありがとうございました。」
ピリカ「目が覚めたばかりなんでしょ?無理しなくていいよ。君の名前は?」
???「私は・・・・・名前はフィーナと申します。」
ピリカ「フィーナ。いい名前だね!」
フィーナ「あなた達はいったい?」
ピリカ「オイラ達は義勇軍だよ。黒の軍勢を退治してまわっているんだよ。」
フィーナ「・・・黒の軍勢?それは何のでしょうか?」
ピリカ「なんなのって・・・フィーナを襲ってたやつらだよ。」
フィーナ「あれが・・・黒の軍勢・・」

ここで彼女からある一言が・・・

フィーナ「あ、あのっ!ところで、私は一体どこの誰なのでしょうか?」
ピリカ「えっ?・・・それはオイラ達が知りたいところなんだけど」
フィーナ「うぅ、困りました。なにも・・・思い出せませんし、わからないんです。」
ピリカ「記憶喪失ってやつなのかな?どうしよう?ユーリ?」
ユーリ「フィーナ、落ち着いて」
ピリカ「うぅ~~ん。困ったね。・・・・そうだ!ねぇフィーナ、オイラ達と一緒に来る?」
フィーナ「一緒にですか?」
ピリカ「オイラ達はあちこちに旅に出るから、一緒に行けば何か思い出せるかもよ?」
フィーナ「一緒に・・・」
ピリカ「ユーリも、何か言ってよ。」

ユーリ「一緒に行こう。」

フィーナ「ユーリさんと・・一緒に。一緒に行ってもよろしいですか?絶対に思い出さなくてはならない。なぜかは分かりません・・・・でもそんな気がするんです!だからお願いします。私を義勇軍に入れてください!」
ピリカ「分かった!これからよろしくね、フィーナ。これからよろしくね!」
フィーナ「よろしくお願いします!」

こうして、記憶を失った少女「フィーナ」を新しく仲間に迎えたユーリ達。
これから、彼らを待ち受けるのは数多の困難。その中で,彼女は自分が何者かを見つけることができるのか?

~続く~

 

ようやく、メインヒロイン「フィーナ」が加入しましたね。^^;
長かった・・・・。次回からはフィーナを加えての旅の始まりです。
これからも長くなりますが、どうかよろしくお願いしますm(_ _)m

チェインクロニクル公式HP↓
http://chronicle.sega-net.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加