このエントリーをはてなブックマークに追加

欲望の赴くままに・・・・SINoALICE GretelSideStory 1ページ目

皆さんこんにちは^^タクヤンです。

 

今日もやっていきましょう。 SINoALICEの世界へと・・・・

 

~人気ブログランキング~

色々なジャンルの人気ブログランキングを見ることが出来ます!

楽しく、新しい情報を取り入れることも出来ます!

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

さてと、今日は一体どんな子のお話を知ることが出来るのでしょうか・・・・・

出来れば明るい子がいいなぁ・・・・シンデレラや白雪姫で結構心はズタボロです・・・・・し・・・・・

 

 

 

 

 

あぁ、お兄様・・・・・
お兄様の言うとおりにみんなを殺すよ・・・・
「兄様?兄様?首だけ兄サマ!」
「鳥籠兄サマ、お喋りスルノ?」
「するわけないジャン。だって兄サマは・・・・」
これはお兄サマと一人の虚妄の女の子のお話・・・・
あぁ、やっぱり今回もダメだったよ・・・・

グレーテル

 

まっくらの森。怖い森。

けれど大丈夫。
繋いだ手があたたかい。

 

お弁当のパンを食べましょう?
けれど兄様は、
パンをちぎって捨てていくのです。
ああ、なんてもったいない。

 

ちぎったパンは帰り道の目印に。
兄様は頭は良いけれど、
気持ちには驚くほどに鈍感で。
親の心子知らずとはよく言ったものでした。

 

気づきました?
私と兄様は捨てられたのです。
でも構わないの。
私は兄様さえいれば・・・・

 

ちぎったパンは小鳥に食べられて、
帰り道は分かりません。
でも、それでいい。
だって2人でいられるから。

 

2人で過ごす夜の森。
遠くで狼が鳴いています。
いっそのこと一緒に食べてもらえたら、
この上ない幸福だと思いませんか?

 

ねぇ兄様。
お腹がすいたら私を食べてくださいな。
だから、私も兄様を食べますね。

 

兄様、兄様、ニイさま、にいさま。
愛しい私の兄様。
私達は何があっても一緒です。
だから、答えて兄様。

あ・・・ああ・・・・あ

「兄サマの首、コロリンコ!」

「この人でなし!酷い妹」

 

あ、あああ!

兄様、ニイ様ごめんなさい。
わたしは、僕は、悪い子で、
だから僕は私は・・・・
「アハハハ!意味ワカンナーイ。」

 

 

 

やってきました。

ヘンゼルとグレーテルのお話。

あれ、でもグレーテルは何処に?

 

実はその答えはこのシノアリスのグレーテルの立ち絵を見てください。

 

そこに素敵な答えが描かれております。

 

 

 

分かりますか。グレーテルの持つ鳥籠のような物の中の首?みたいなのがありますね・・・・・・

 

そうです。

これがお兄様です・・・・・

 

 

・・・・・・どうしてこうなった。

 

 

なぜだ!?

原作では悪い魔女を倒してみんなで笑ってハッピーエンドだったはずでは!?

 

原作には何か?何か載っていないのか!?

 

~原作調べ中~  ~原作調べ中~ ~原作調べ中~ ~原作調べ中~

 

 

・・・・はい、原作には特に兄様の首がコロリした理由は書いてありませんでした。

ですが、原作のこんなキーワードを見つけました。

 

 

 

木こりのおじさん

捨てられる二人の子供

 

 

これはあくまでも私の妄想となります。

 

 

ヘンゼルとグレーテルの二人は母親から捨てて来いとお願いされた木こりの手によって森の奥深くまで捨てられるはずだったが、兄が必死の抵抗をしたために木こりは持っていた斧で兄様の首を切り落とした。

しかし、グレーテルの方はその衝撃的な光景と、信じがたい光景に心を閉ざしてしまい。その首を籠の中に仕舞ってしまった。

 

 

兄様?いるよ。

 

だって、ここにいるんだもの。

 

 

 

本当に私の勝手な妄想なんですが、シノアリスの世界を原作通りにしているならここら辺を少し改変しているのかなって思いますね。

 

 

でも、そこを無視してオリジナルの設定を加えているなら、話は別ですが・・・・

何にせよ、兄様は死んでいるが、彼女はそれを認めない。

 

兄様は生きているという嘘をつきながら、「兄様の命令」で作者を生き返らせようとしているわけですね。

 

その理由は知りません。どうして?

 

本人には作者を生き返らせる理由はないのです。

だってお兄様と一緒にいることが幸せなのだから。

 

 

 

この子は兄様の為なら何でもするよ。命も体も差し上げます。(物理的に

 

これは完全なブラコンですね。しかも医者が首を縦に振るほどの・・・・。

 

 

本当は兄様想いのいい子だったんでしょうが・・・・この「ライブラリ」の世界ではそんな子供さえも歪めてしまうということなんですね。

愛も行き過ぎてしまうと歪んだ愛情に変わってしまうと・・・・

 

 

勉強になりました。

 

 

この子のストーリーは「シンデレラ」と交錯したお話となります。

シンデレラとグレーテル・・・・・。

 

絶対この二人は分かり合えなさそう。

卑劣のシンデレラ」と「虚妄のグレーテル」。

なぜ字面だけならこんなにもかっこいいのに、こんな二つ名は欲しいと思えないのだろうか・・・・?
欲望丸出しの二つなんて欲しくないからです!

 

この物語の続きは二人のお話です。

 

お楽しみに

 

~続く~

 

 

 

ご覧いただきありがとうございました!人気ブログランキングに登録しておりますので、面白い、興味が出たという方は下のバナーを押してください。
一日一クリックでも十分です!
自分のやる気に繋がります!

ゲームランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

https://blogcircle.jp/commu/555/topic/21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加