このエントリーをはてなブックマークに追加

昔懐かしいインベーダーゲーム。知っている人も少ないのでは?

皆さんこんにちは^^タクヤンです。

 

以前、「テトリス」の無料ゲームを遊びましたね。(結果は散々たるものでしたが・・・・)

今回は昔の懐かしいゲームの代表格でもある

 

 

 

インベーダーゲーム

で少し遊んでみました!!

 

 



 

 

 

 

 

インベーダーゲームって?

 

インベーダーゲームは正式名称”スペースインベーダー”1978年に”株式会社タイトー”がアーケードゲームとして発売。

 

その後色々な派生作品が誕生して総称を”インベーダーゲーム”となったそうです。

 

もう40年前からこのようなゲームが存在していたんですね^^;

そのことに驚きです・・・・。

 

 

もう今は殆ど見なくなりましたね。一昔前は喫茶店に存在したり、それこそゲームセンターには昔は数多くありましたね。(今も少ないながらあるのかな?)

 

当時としては

 

 

敵が攻撃してくるなんてすごいな!!

 

 

と言う理由から世界中で物凄い人気でした。

実は私もそんなに遊んだことがありません!!

 

 

俗にいう現代っ子ですね!PS2は知ってますけどね。

 

      ルール

 

まずは下の画面を見てください。

 

一番下にあるのがプレイヤーの操作するキャラ

一番上にあるものがです。

 

敵の数は”5 × 8の40体“となります。

 

そして、敵は右端、左端と交互に移動しながらこちらに近づいてきます。

もちろん相手もこちらを攻撃してきますのでそれも避けながら、また、目の前に壁があるのでそれも使いながら相手の殲滅が目的です。

 

全部倒し切るとこのようにクリア画面が出ます。そして、次のステージへと進むことが出来ます。
もちろん、ステージが進む毎に敵の攻撃頻度が上がるうえに、こちらに進むスピードも速くなります。

 

ですが、ご心配なく。
こちらの攻撃は一発で倒せるのでそこまで難易度は難しくありません。(序盤は・・・)

 

このようなゲームは、タワーゲームと少し似てます。

というか、ある意味では派生作品なのかな?

 

ですが違う点はこちらは一人しかいませんし、自分で動かさないといけません

 

  何が面白い?

 

何が面白いかって?

操作性で分からないところがあり、そこがまた面白いですね。(ゲームの内容?)

 

これ・・・・・十字キーは皆さん馴染みあるから問題ないと思いました?
一つだけ言いますね。

 

十字キーの上下は全く意味がない!!

 

 

いや・・・・・本当です。
だって、このゲームは左右に動いて戦うゲームなのにどうして上下移動ボタンがあるのか・・・・。
よく分かりません。

 

  どれぐらい簡単?

 

さっきも言った通り、こちらの攻撃は一発で倒せるのでそこまで難しい難易度ではないと思います。

 

但し、最後の一体は進むスピードが物凄く速いので中々当てづらいです。

ですがとりあえず撃てば当たります。さらに障害物は自分の攻撃によっても簡単に壊れます

 

始めは何故か自分の障害物が潰れるのか分からなかったんですが、普通に自分で壊しているのに気が付きました。

 

その壊れやすい障害物を上手く利用するような戦術を考えながら戦えるとさらに面白くなるでしょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加