このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のどうでもいい雑談を結月ゆかりとお話していく。2回目(原爆と水爆)

皆さんこんにちは^^タクヤンです。

 

結月ゆかり
そして皆さんこんにちは。結月ゆかりです。

 

今回は最近話題になっていた”北朝鮮の水爆実験”のことです。

 

結月ゆかり
そういえば、何やら北朝鮮が実験で失敗したとかなんとか・・・・。

 

 

何やら失敗しておりましたね。このまま失敗し続けてくれたら幸せなんですが・・・・。

さて、今回はこの実験における”水爆”、”原爆”の違いをお話しましょう。

 

 

結月ゆかり
少しブラックなお話になるので気を付けましょう。

 


原爆

 

 

原爆はまたの名を「原子爆弾」といい、1945年にアメリカが実験を世界で初めて行っています。

 

結月ゆかり
あれ?実験が初めてってことはそれ以前からその話はあったんですか?

 

ドイツや日本、イギリスなどで開発などの計画はありましたが、人類史上で初めて実験をしたのはアメリカが初めてです。

 

 

結月ゆかり
そして、人類史上初めての被爆国は日本と・・・・

 

 

そうです。

 

原爆の実践投入は日本が初めてで、それ以来戦争などでは原爆は使われてはおりません。

 

 

結月ゆかり
あれの仕組みっていったい何ですか?原子に関することなんですかね?

 

 

原爆の仕組みはダイナマイトとは基本的に違います。

 

 

ダイナマイトは”化学反応”

原爆は”核分裂反応”

 

 

ここに基本的な仕組みの違いがあります。

 

結月ゆかり
ダイナマイトはニトログリセリンでしたっけ?

 

 

それに対して、原子爆弾は

 

 

「原子の核を構成する”陽子”、”中性子”の間にある核エネルギーを熱エネルギーや運動エネルギーに変換する」

 

 

という仕組みをとっております。

 

 

結月ゆかり
??

 

 

まぁ、簡単に説明すると

 

 

陽子と中性子と呼ばれる2つの物体の間をつないでいる糸のようなものを切ったら物凄いエネルギーが発生する。

 

 

こんな簡単なイメージを持ってください。

 

結月ゆかり
・・・・・なるほど。

 

そして、原子爆弾はこんな性質を応用して作られているということです。

 

結月ゆかり
そういえば、原子爆弾の威力ってどのように調べるんですかね?

 

原子爆弾の威力の評価はTNT換算と言われる手法を使っております。

つまり、原子爆弾一つの威力がTNT火薬どれぐらいの威力なのかに置き換えて計算するんですね。

 

でも、これで調べることが出来るのは威力だけであり、放射能などの被害は調べることが出来ません。

 

結月ゆかり
では、教科書にあった”第五福竜丸”の事件は?

 

あちらは”原爆”ではなく、”水素爆弾”と言われるものの実験で起きた事件です。

 


 

水素爆弾

 

水素爆弾は原子爆弾とは違い、

 

重水素と呼ばれる物質の熱核反応の仕組みを利用した爆弾です。

 

結月ゆかり
これもアメリカが?

 

これも、アメリカが初めて実験を行いました。

その実験の名は

 

 

アイビー作戦

 

 

1952年11月にアメリカがマーシャル諸島のエニウェトク環礁で行った核実験なんですね。

この年の春にもタンブラー・スナッパー作戦など、あらゆる実験が行われております。

 

結月ゆかり
アメリカって本当にいっぱい実験しますね・・・。

 

 

きっとロシア(当時はソ連)の軍拡に対しての軍拡のつもりだったんでしょう。

 

ちなみに、当時は水素爆弾の使用に必要な装置などの取り付けによりこの実験時に使われた水素爆弾の重さは65トンというとんでもない重さだったんですね。

 

結月ゆかり
重すぎますね・・・。兵器としては欠陥品ですね。

 

でも、小型化には成功しており飛行機で持ち運べたり兵器として使うことが出来ます。

 

結月ゆかり
水素爆弾ってどんな構造なんですか?

 

正確には発表されておりません。(重要な軍事機密情報扱いらしいです。)

 

分かっていることは

 

起爆に小型の原爆を使うこと

 

 

だからこそ、放射能が発生します。

 

結月ゆかり
それって恐ろしいですよね。水素爆弾って原子爆弾よりも威力が高いのにそれに加えて放射能もまき散らかすとか嫌すぎる・・・・。

 

 

この水素爆弾は戦争に使われたことはありません。

しかし、この実験は世界中で行われておりその実験に巻き込まれてしまった被害などはあります。

 

結月ゆかり
その1つが第五福竜丸ってことですね。

 

 

この実験で第五福竜丸が被害にあってましたが、実際には数百隻が被害にあっているとか・・・・。

 




 

さて、今回はここ迄となります。

 

結月ゆかり
本当に雑談程度で終わるんですね。

 

この分野を細かくやるのはもっと勉強しないといけませんからね・・・・。

とりあえず、原爆と水爆の基本的な仕組みさえ何となく想像していただけたら嬉しいですね。

 

 

では、また次回お会いしましょう。

結月ゆかり
では、皆さんまたお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加