このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のどうでもいい雑談を弦巻マキと話していく。 3回目(磁石)

 

皆さんこんにちは^^タクヤンです。

 

弦巻マキ
やっほー。弦巻マキだよ!今日もよろしくね!

 

今回のお話は

 

磁石に関するお話

 

です。

 

弦巻マキ
磁石は物にくっつくとか?

 

そういった話ではありません。

 

ていうか、そもそも磁石に関して何をご存知ですかね?

 

物にくっつくという事以外にも・・・・・

 

弦巻マキ
磁石にはS極とN極の2つが存在するということだよね?地球もそうだよね?

 

では、

 

棒磁石を真ん中で半分に真っ二つに切るとどうなるか?

 

考えたことはありますか?

 

弦巻マキ
考えたことないなぁ。でも、小学生ぐらいで学ぶよね?多分。

 

そうです。中学校の入試問題に出るぐらい有名な話ですよね。

 

棒磁石を真ん中で半分に折ると新しい磁石が2つになる

 

 

弦巻マキ
つまり、N極もしくはS極単体での磁石は取り出せないってことだったよね?

 

 

その通りです。

磁石は”N極とS極の2つでワンセット”になります。

そのため”どちらか片方だけ”というのは存在しないんです。

 

弦巻マキ
でも、今の科学技術だよ?どちらか片方だけでも作り出せないの?

 

ここが今日のお話のポイントです。

 




 

 

じつは・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

理論上は作れる

 

 

ということが分かっております。

 

弦巻マキ
どうやるの?

この片方だけの磁石のことを

 

 

モノポール

 

 

というんですが、以前はこれの作成に必要なエネルギーはどれぐらいか知ってますか?

 

弦巻マキ
あまり言いたくないけど・・・原爆1個分ぐらい・・?

 

物凄く少ないですね。

 

正解は

 

宇宙が生まれたときぐらいの超高エネルギー状態

 

このときぐらいのエネルギーが必要なんです。

 

 

弦巻マキ
想像できない・・・・・。

 

 

まぁ、地球上でそれだけのエネルギーを生み出すのは不可能だったてことです。

それがある論文で比較的簡単に作れるのでは?ということだそうです。

 

弦巻マキ
どうやるの?

 

 

理論的にですが簡単に説明します。

 

まず、物質の中での対称性の法則は空気中や真空中とは違う

そこで、白金の持つ量子力学・相対性理論の強さに注目

磁石が持っているスピンの運動を電子の運動に変換

この磁石の向きを電子の運動に変換させる過程で

モノポール

が生成される

 

 

これが簡略したモノポールの生成法です。

 

 

もっと詳しいことは日本物理学会が発行する英文誌「Journal of the Physical Society of Japan」に掲載されているのでぜひ探してみてください。

 

弦巻マキ
といってもこの論文は2012年に提唱されてるから今は違う理論もあるかもしれないけどね・・。

 

 


 

さて、今回はここ迄となります。

 

磁石に関することで何か分かりましたかね?

もしくは興味が出ましたか?

 

弦巻マキ
今の科学で不可能なことは無いということだね!!

 

高い壁長い時間はかかりますけど難しいというだけで不可能では無いのかもしれませんね。

 

では、また次回もお会いましょう。

 

弦巻マキ
またねー!次回もよろしくね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加